マッチング後のお付き合い

六本木レストラン

先日六本木のレストランで婚活パーティーが行われました。その日は31歳の男性会員さんに同行。

男性10名、女性10名の参加でした。各カウンセラーさんも6名いらして、自分の参加会員さんをサポートし、お互いの会員さんの情報交換をしました。

婚活パーティーは少しでも縁に繋げようと、カウンセラーがアピール出来る場所でもあります。1対1のトークから始まったパーティー。アルコールも入って和気あいあいの雰囲気でした。結果、同行した男性会員さんはマッチングとなりその後交際が始まりました。

今は2回のデートを終えて少しずつお互いの距離を縮めています。

交際が始まるとデートの際に気になるのが「お金」です。今回マッチングしたカップルは2回目のデート。女性の好きな中華のお店をチョイスして、お食事をご馳走しました。

その後女性から「後のお茶代は支払わせてください」と言ってくださったそうです。次のデートの約束も出来ていて、順調に育んでいます。

楽しく食事し会話も弾み、お会計はいつも男性が支払うのが当たり前はお勧めできません。結婚したらお金に対する意識は非常に重要です。

共働き時代の今、「今日は私が!」の一声も欲しいものです。交際が始まったばかりでお金の話は・・・と思われるかもしれませんが、交代でご馳走する。3回に1度は女性から等ルールを話し合っていくのも大切です。

タイトルとURLをコピーしました