古橋多恵子の紹介

代表 古橋多恵子の歩み

4歳からオルガン~ピアノを習い始め、古橋多恵子20歳の時にスウィンギージャズオーケストラにピアニストとして入団。ヤマハ中部ジャズ大会にてグランプリを受賞。
この頃から音楽発表会の司会を担当するようになり、司会業の経験を積む。

1990年からナレーション専門事務所に所属し、司会業の仕事を本格的に始める。
プレゼン映画MC、結婚式や企業イベント等の司会と育児を両立させる。

2002年に、タエ コーポレーションを設立。
司会業だけでなく、司会者育成、美容院立ち上げのサポートも手がけるようになる。

2010年からは、町田市コンベンション協会と国際版画美術館でのコラボ結婚式や、
小平市ふるさと村挙式のアドバイザーも務め、行政のイベントにも携わる。
この頃から周囲の声に押される形で仲人業をはじめる。

2014年、本格的に仲人業を仕事として活動。
ウェディングのコンサルタントとしての経験を元に、多くのカップルの幸せに携わっている。

2016年、ゼクシィからの依頼で、東日本復興ウェディングのプランニングに関わる。
宮城県気仙沼を舞台に、結婚式をサポートする。
2017年3月号のゼクシィに掲載される。
また、2017年発達障がいのカップルの結婚式をプロデュースしたご縁で、
「発達障がい幸せプロジェクト」を立ち上げる。
現在ホテルのコンサルにも関わり、結婚式のみならず多方面に仕事の幅を広げている。

ウェディングコンサルタントとしての活動も続けており、自由な発想で、テーマウェディングの提案を得意とし、
オーソドックスなスタイル、新しい和婚スタイル、サプライズ満載の結婚式まで、幅広くコーディネートしている。

タイトルとURLをコピーしました